ホームページの文字色

ホームページ作成における文字色


ホームページ作成初心者の方はHTMLやCSSなどの技術的なものに悩むものですが、ある程度経験を積んでくると技術的なことより配色やレイアウトに悩むものです。

色というものはホームページにおいて決して欠かすことができないものですし、新聞のように白黒で作られた単調なものより複数の色を使い分けたほうが見た目も美しく、さらにユーザビリティに優れたホームページが出来ます。

もちろん色は多数組み合わせたほうがデザインの幅が広がります。ただし、初心者にありがちなのが明度や彩度を考えずに闇雲に色を使ってしまうことでしょう。

例えばホームページの文中、特にユーザーに伝えたいと思う重要な部分のみ文字色を変えて目立つものにすることなどがあげられます。

文字色を変えるといっても色自体が目立つようにするのではなく、書かれた文字を見やすくすることが大切です。

さらに重要な文を全て同じ色にしてしまうものではなく、特にユーザーに注意を促す部分は赤色、他ページへのリンクを表す部分には青色を使うなどの整合性を維持した配色をするとよいでしょう。

正しい配色の仕方を覚えておくと、ユーザーにとって快適で見やすいホームページができます。

配色には色合いだけではなく、コントラストが大切になってきます。目立たせたい部分の文字色やサイズ、太さを変えることでユーザーにアピールするわけですが、例えば青い背景に青い文字を使ってしまう逆に目立たなくなってしまいます。背景が暗い色であれば、文字は明るい色を使う必要があります。

かといって文字色と背景を別の色にすればいいというわけでもありません。色が違っていても彩度がお互い高い場合、文字がチカチカしてしまって一般的に見難いサイトになってしまうでしょう。

このチカチカを出来るだけ回避するためには背景色と文字色の関係にはいっそう注意して色を選択してください。当たり前ですが、白い背景に明るい色の文字より、白い背景に暗い文字をもってくるほうがずっと読みやすいというわけです。

背景と文字の色には相性があります。色の選択はWebサイト作成になれた人でも大変難しいものですが、いい相性を見つけるためにはユーザーの目線に立ち、テストを繰り返すことが重要です。

色をなるべく使わないようにすると手抜きに見えますし、逆に色を使いすぎることで雑な印象を与えてしまうこともあります。見栄えがよく、読みやすいホームページを作るためには正しい色の使い方を意識することが大切です。

最近の投稿

contents

Copyright© 2014ホームページ制作を格安でやってくれる業者、デザインの質を知ろう All Rights Reserved.