最近の投稿

デザインのコツ

ホームページ制作におけるデザインのコツ


ホームページ制作において、どのようなテンプレートを制作していくかは、担当者の腕の見せどころですが、大まかなデザインというのはほとんど決まっています。

ホームページのデザインにおいて「カラム」という言葉が使われます。カラムとは、段落という意味で、とても重要な考え方となります。ホームページのデザインでは主に三つのパターンのカラム構造に区別できると考えていいでしょう。

1カラム、2カラム、3カラムの三つで、それぞれの違いは、サイドバーを設置するかどうかの違いとなります。1カラムではサイドバーを設置させないホームページのことをさし、コンテンツを表示させるボディ部分のスペースを最大限活用できることができます。

2カラムでは、右又は左にサイドバーを表示させるホームページのことで、サイドバーがあることで、訪問したユーザーが興味のあるページにいきやすくすることが可能になります。

3カラムでは、サイドバーを両方に表示させる方法で、2カラムとの違いは右か左のどちらか一方に表示させるか、それとも両方に表示させるかの違いとなります。

このホームページの基本的なデザインを意識して、しっかりと頭に入れておくことが大切となります。

というのも、ホームページ制作では必ずといっていいほど、この3パターンのデザインを使用することになるからです。

主にこれらの表示方法はCSSで記述していくのですが、どのカラムを採用していくかによって、ホームページの全体的なイメージも変わってきてしまうため、事前に大まかなレイアウトを考えておくことは、ちょっとしたコツにもなってきます。カラムを考える場合のヒントとして、どのようなホームページを制作していきたいかということだけでなく、これから運営していくコンテンツの内容から、どのカラム構造がユーザーにとって一番見やすいかといった視点も大切になってきます。

たとえば、写真や絵、動画などを掲載したいと思っている場合、カラムが少し邪魔になるかもしれません。そのためボディ部分にはカラム表示をさせない1カラムを採用することで、画面いっぱいに作品を表示することができます。

このように、コンテンツから考えることで、訪問してくれるユーザーに対してより印象的なサイトに仕上げていくことができるのです。そして、実際にサイトを運営いていく段階になって、その効果がアクセス数にも影響を与えるため、制作段階である程度のコンセプトを考えておくことが大切なのです。

メインメニュー作成

ホームページのメインメニュー作成


新しいホームページをパソコンの製作用のソフトウェアで作るのならメインメニューの設置にもこだわると良いです。アクセスしてくるインターネットユーザーがどのページを閲覧している時でも表示されるメインメニューが有れば、インターネットユーザーの見たいコンテンツへと正しく誘導できます。

しっかりとした案内板が有ればアクセスするインターネットユーザーが見たい内容へと辿り着くのが容易で、そのホームページのコンテンツやインターネット広告などの利用率も高まります。より良い内容のものを目指すことはインターネットユーザーに対して親切であることだけでなく、作る本人にとっても大きなメリットがあるのです。

インターネットは広く歴史も深めつつあり様々なホームページが既に存在しています。しかしそんなインターネットでもインターネットユーザーの求めている内容を網羅しているとは限りません。

まだまだインターネットユーザーの需要は尽きていないので新しいホームページは求められています。良いアイデアが有ればインターネットユーザーの興味をそそるホームページを作ることが可能です。

しかしそれでもナビゲーションなどが十分で親切でない内容だと、インターネットユーザーはそのコンテンツを認めてはくれません。コンテンツの内容が良くてもホームページそのものが新設で使いやすい内容になっていないと、せっかくのインターネットユーザーのアクセスを取りこぼしてしまうのです。

ホームページのメインメニューの作りが良い場合には、インターネットユーザー自身の望むコンテンツへ辿り着く可能性が飛躍的に高まります。

何時でもどのページでも表示されているそのナビゲーションが有れば、カテゴリーごとのコンテンツの仕分けの状態がインターネットユーザーにも伝わりやすいのです。読みたい情報や利用したいコンテンツへと誘導できる製作者側のナビゲーションが、ホームページを利用するインターネットユーザーの満足度を決めるのです。

ホームページの各ページ内の上部にしっかりとメインメニューが表示されていれば、インターネットユーザーはそこをパソコンのユーザーインタフェースのマウスでクリックするだけで簡単にコンテンツへと辿り着けます。

メインメニューのナビゲーションが親切であればあるほど利用者の満足度も高まります。もしもホームページ内のコンテンツの利用率などが充分でないのなら、真っ先に見直すべき部分です。

最近の投稿

contents

Copyright© 2014ホームページ制作を格安でやってくれる業者、デザインの質を知ろう All Rights Reserved.